SPECTATE観戦について

Jリーグ暴力団等排除宣言

Jリーグは、Jクラブ全51クラブ、Jリーグ担当審判員、一般社団法人日本プロサッカー選手会と合同で、暴力団等排除宣言を実施いたします。この宣言によって私たちは、誰もが安全にスポーツの観戦やプレーを楽しめる環境を、守り育むことに、貢献します。

暴力団排除宣言 実施の背景

昨年来、欧州、アフリカ、アジア等を舞台にサッカー試合の八百長事件が頻発し、背景としてオンライン・スポーツ賭博の普及と、国際的な犯罪組織の存在が報告されています。こういった不正からJリーグを守るため、私たちサッカー界が、暴力団等の反社会的勢力との関係を、遮断し続けることが必要です。
また昨年10月、全国47都道府県における暴力団排除条例施行が実現する等、本件に関する社会的要請も高まっています。
これまでもJリーグでは、Jリーグ選手を対象とした新人研修会などを始め、リスクマネジメントに関する研修など通して、反社会的勢力との関わりに対するリスクを啓蒙してきました。このような背景を受け、Jリーグは20回目のリーグ開幕に先だって、「Jリーグ暴力団排除宣言」を実施することで、Jリーグの意志を改めて表明いたします。

スポーツの価値を守る、暴力団排除宣言

選手、審判員、スタッフを暴力団等から遮断し、さらに観客席から暴力団等を排除する今回の宣言によって、ファン、サポーターの皆さんに、これまで同様安全なスタジアムで、選手たちのフェアな全力プレーを楽しんでいただける環境を整備します。
またサッカーの普及活動、地域のスポーツ振興活動、数多くの学校訪問活動等を通じて、ホームタウンの皆さんと触れあう選手、スタッフは、子どもたちの憧れとして、また地域のシンボルとして親しまれています。彼らを暴力団等から遮断することで、コミュニティの安心とスポーツの価値を守ることに貢献します。

Jリーグの対応について

(1)暴力団等排除宣言の内外への周知
  ・「暴力団等排除宣言」宣言文をスタジアム、クラブハウス等、関連施設に掲出
  ・各クラブにおいて、所轄警察と連携した暴排講習の実施(順次)
(2)規約規程、契約書等への、暴排条項の導入
  ・Jリーグ規約規程等に暴排条項を導入
  ・試合運営管理規程への暴排条項の導入
  ・Jリーグ、関連会社およびJクラブが締結する各種契約書への暴排条項の導入
(3)Jリーグ暴排ヘルプラインの開設(2011年11月開設)
  ・選手、審判員、クラブの役職員等、Jリーグ関係者が広く利用できる外部ヘルプラインを開設
(4)八百長への予防措置
  ・(財)日本サッカー協会がFIFAの子会社であるEWS(Early Warning System GmbH)社と契約。
  Jリーグ試合等を対象とした世界中のオンライン・ベティングを、リアルタイムで監視し、異常があれば早期に警報を発する。2011年シーズンから導入
  ・選手、審判員、マッチコミッショナー等への研修会の実施

Jリーグ暴力団等排除宣言(宣言文)