あるテーマについて、どこまでも深く語り合う『JEF TALK』。
ラストゲームとなったJ1昇格プレーオフ準決勝・名古屋戦の2日後、
1年の総括としてフアン エスナイデル監督に話を聞いた。

インタビュー・文=細江克弥

今すぐにでも動き出したい。

フアン エスナイデル監督

―― 2017シーズンが幕を閉じました。“結果”について、どのように考えていますか?

監督プレーオフに進出できたことは良かったと思いますが、そこで結果を出すことはできなかった。「勝ちたかった」というのが本音です。素直に悔しい。ただ、“1年目”ということを考えれば十分に満足しています。1年間を通じて仕事がやりやすかったし、クラブ内外からのサポートを感じました。決して簡単な1年ではありませんでした。難しいと感じること、私自身が迷うこともたくさんありました。それでも、クラブは私のことを信用してくれたし、選手たちも私の決断についてきてくれた。それによって、シーズンを力強く終えることができました。

これまでの改革や変化に対しては、選手たちがそれを受け入れ、考え方や姿勢を変える必要がありました。もちろん、それが選手たちにとって“いいもの”であるという確信がありましたが、それまでの習慣を変えるのは簡単ではありません。だから、“やり切る”ことは決して簡単ではない。それでも、選手たちは私の考え方や私自身のことを理解しようとしてくれました。だからこそ「ポジティブな1年だった」と言えると思うし、今すぐにでも、次のシーズンに向けて動き出したいくらいです。

フアン エスナイデル監督

―― もちろん、目標としてはJ2優勝による自動昇格を視野に入れていたと思います。しかしそれは実現せず、シーズンは6位という結果に終わりました。自動昇格を決めた湘南ベルマーレ、V・ファーレン長崎との“差”についてどう考えていますか?

監督はっきりした“差”は、勝点の多さですね(笑)。安定感という意味では、彼らのほうが上。ただ、サッカーの内容に限って言えば、どのチームにも負けていないと断言できます。1年を通じての安定感を発揮できなかったという事実は確かにある。それが、我々にとっての課題であり、そういう意味では、最大のライバルは我々自身であると言えるかもしれません。

フアン エスナイデル監督

―― 「どのチームにも負けていない」と自負できるからこそ、結果に対して悲観すべきではない。

監督そうです。昇格したチームに対しても互角、あるいは互角以上に戦うことができたし、プレーオフでは負けてしまいましたが、名古屋グランパスという偉大なチームともいい戦いができた。サッカーの勝敗は、自分たちではどうすることもできない要因にも左右されます。それでも、我々が勝利をあきらめたことはないし、この1年を通じて得た経験のすべてが、来シーズンにつながるでしょう。より良い準備をして、来シーズンを迎えられると確信しています。

―― 残念ながら、“自分たちではどうすることもできない要因”に左右される試合が少なくなかった気がします。

監督(笑)。それに関しては、私は意見しません。

NEXT TALK!! >>

『負けた試合に費やす時間はない。』

―― プレーオフの名古屋戦を終えて、監督はどのような感情で、この2日間を過ごしたのでしょう。

過ぎてしまえば、負けた試合に費やす時間はありません。次に向けて、とっくに頭を切り替えていますよ。もちろん、厳しい1年を過ごしたわけですから、私だけでなく全員に休養が必要です。頭を休ませる時間も必要ですから。

>> UNITED ONLINEに登録して続きを読む