社長就任から2シーズンを闘い、明確な光明が見えてきた。
経営者としても、クラブ全体のトップとしても手応えは大きい。
そこに至るまでにクラブが取り組んできたプロセスについて、前田社長に話を聞いた。

インタビュー・文=細江克弥

対スポンサーの取り組み。

前田英之 代表取締役

―― 最終的には、文字どおりの“エスナイデル軍団”になった気がします。時間を追って“金八イズム”ならぬ“エスナイデルイズム”に次第に染まっていく様は、単純に見ていて面白かった。

前田そう言っていただけるのは、本当に嬉しいですね。ただ、この話はあくまで舞台裏のことですから、結果が出ない時に「こういうプロセスをたどっているので、もうちょっと待ってください」とは言えないじゃないですか(笑)。だから、本当に正直なところを言えば「早く結果が出てほしいなあ……」とは思ってたんですけどね。

―― 前田社長も1試合ごとにかなり感情的に一喜一憂されているとお聞きしているので、その心中お察しします。

前田ハハ! まあ、そうなんです。僕も人間ですから(笑)。

―― そういう意味では、何とかしてこの1年でJ1昇格という結果を残すことも、現実的な目標として考えていた。

前田もちろんです。プロセスの時間軸として仮に3倍速を実現できれば、到達できると思っていました。従って、その時間軸を速める方法についてずっと考えていました。プロセスには満足していましたが、あくまでビジネスとしての側面を考えれば、ファンやサポーター、スポンサーを含めて多くのステークホルダーが存在します。そう考えると単年で回さなければならない部分もあって、できることならプロセスの時間軸を速めたい。その考えについては、スポンサーや株主に対してかなり意識的に情報を発信するように努めました。

―― “ジェフに対するステークホルダーの見方”について、変化はありましたか?

前田明らかに変わりました。例えば、株主企業の幹部に練習を見てもらったりしたんです。試合だけじゃなく、どういう準備をして、どういうメンタリティで試合に臨んでいるのかという全体像を見てもらうことで、過程と結果がリンクするようになりますよね。そういう認識をもってもらえることは、すごく大きいと思っていて。

前田英之 代表取締役

―― “対スポンサー”という意味で、クラブの取り組み方を変えることについても強い意識を持たれていた。

前田そのとおりです。シンプルに言えば「クラブの透明性を高める」ということに尽きると思うのですが、とにかく根拠のない期待論だけを机に乗せることはできないと思っていて。スタッツに始まり、過去との比較、現在の取り組み、どういうチームを作りたいのかなど、かなり細かく情報を出してきた1年間だったと思います。

もちろん「まだまだ足りない」と感じているスポンサー様も多くいらっしゃるとは思いますが、「透明性を高める」ことに対しては、今後も真剣に取り組んでいくつもりです。やはり、長い目で見て、より確かな信頼関係を持ったパートナーシップを結んでいくためには、それが一時の議論を呼んだとしても、「クラブの透明性を高める」ことは長期的な視野でクラブを支えるためには必要だと思っています。スポンサー様にとって、ジェフが「感情移入できるクラブ」にならないといけませんから。