川崎フロンターレではJ1リーグ2連覇に貢献。
その特別な経験を持って、田坂はジェフを新天地に選んだ。
気持ちを落ち着けて、キャリアにおける新たな「挑戦」に挑む。

インタビュー・文=細江克弥

新しい風を入れたい。

田坂祐介

―― まずは移籍加入の経緯を聞かせてください。

田坂正式に話をもらったのは昨シーズンが終わってからだったと思います。その他にもいくつかのクラブから興味を持ってもらいたのですが、ジェフでプレーさせてもらうことにしました。

―― なぜジェフに?

田坂まず考えたことは、自分が持っている力、自分がこれまでやってきたこと。それを踏まえて、どういうチームだったら今の自分がちゃんと力を発揮できるか。それから、クラブとして、チームとしての伸びしろがどの程度か。そういう意味で、ジェフはすごく魅力的だなと感じました。

このチームに所属している選手のレベルはとても高いと思うし、フアン エスナイデル監督の要求レベルもとても高いと思います。理想とするサッカーが完成するまでにはものすごい時間と労力がかかると思いますけど、それが実現すれば、J2だけじゃなくJ1でもいい位置を狙えると個人的には思っています。

―― ポテンシャルを感じた。

田坂はい。昨シーズンまで所属していた川崎フロンターレにも、なかなかうまくいかなくて苦しい時期がありましたよね。簡単に言ってしまえば、点は取れるけど守備が弱い、そういう時期。その時代を自分も経験しているので、伝えられることもあるんじゃないかなと思っています。だからこそ、自分がチームに入って、中心に立って動かせたら面白そうだなとも思いました。

―― “クラブを選ぶ基準”については、年齢を重ねて少しずつ変化していますか?

田坂あると思います。やっぱり、今は自分に対する評価、どれだけの熱意で必要とされているかを気にしますし、あとはスタイル的なところ。自分はどちらかと言えば攻撃的な選手なので、それを発揮しやすい環境、つまり攻撃的に戦うチームのほうがフィットしやすいというイメージは持てますよね。

田坂祐介

―― 最近のジェフは、スタイルの構築に取り組みながら、なかなか結果を出せない時間が続いています。移籍先として、それについては気にならなかったですか?

田坂人によると思いますけど、僕の場合はそこもひっくるめて“伸びしろ”という考え方をしているんですよ。

印象としてのジェフは、状態がいい時はすごくいいけど、悪い時は大崩れする。シンプルに言うという感じ。じゃあ、悪い時に大崩れする、踏ん張れないという性格をどうやって修正すればいいのかということなんですけど、たぶん、向き合い始めれば僕なりの答えが見えてきて、それを試したり、課題を克服するためにチャレンジすることが面白いし、魅力的に感じるというか。

とはいえ、まだ合流して間もないから“自分なりのアイデア”みたいなものはまだ何も浮かんでません(笑)。それをこれから見つけたい。みんなとコミュニケーションを取りながら、チームがより良い方向に向かうための答え探しですよね。チームに新しい風を入れて、上昇気流に乗せたい。そんなイメージかな。

―― 国内クラブへの移籍は初めてでしたね。

田坂新鮮です。フロンターレとの違いで言えば、クラブとしての機能がほぼ一箇所に集中しているので、スタッフの顔をちゃんと見られることがいいというか。まだはっきりとはわからないけれど、そのほうが一体感を作りやすいんじゃないかという気がしています。

やっぱり、環境的には恵まれていますよね。フロンターレの時から練習試合などでいくつかのクラブに行きましたが、やっぱりジェフはJ2クラブの規模じゃない。それを活かさなきゃいけないと思います。

NEXT TALK!! >>

『“フリーマン”として。』

―― 今回の移籍は、ご自身のキャリアにおいてどんな意味があると考えていますか?

「挑戦」です。10年在籍したクラブを離れて、ある意味では全く未知の環境に飛び込むことを決めたわけですから。いかに早くアジャストして、前に進むために持っている力を使えるか。

>> UNITED ONLINEに登録して続きを読む