アカデミーから昇格したビッグ・ルーキーは、
期待どおりの活躍でこれまで2得点を記録している。
しかし、本人の表情は「まだまだ」と晴れない。
はるか遠くを見据えて、今は我慢と挑戦を続けている。

インタビュー・文=細江克弥

“すごい選手”ではなかった。

櫻川ソロモン

―― そもそもサッカーを始めたきっかけは?

お父さんの影響です。お父さんがサッカー好きで、僕が小さい頃から家の中にサッカーボールがあって、家の中でも公園でも一緒にパス練習をしたり。で、小学校1年生から地元のJSC千葉というクラブチームに入ったんですけれど、中学校に上がる前に「バーモントカップ」というフットサルの大会に出場したんです。それをジェフのスタッフの方に見ていただいて、スカウトしてもらいました。

―― そのままジェフに。

そうなんですけれど、実は、その時すでに柏レイソルのセレクションを受けていたんですよ。

―― そうだったんですね。

はい。僕としてはどのクラブに入りたいというこだわりはなくて、なんとなく「Jリーグのクラブに入りたいな」とだけ思っていました。そういう感じでレイソルの試験を受けて、最終試験みたいなところまで進んでいたんです。そのタイミングでジェフから声をかけてもらって、環境もすごくいいし、僕の同学年でいい選手がたくさんジェフに入ることを知っていたので、それでジェフに入ることにさせてもらいました。

―― ちなみに、当時、サッカー選手としての自分についてどう思っていました? 「俺ってすごいかも?」とか。

いや、それが、点はたくさん取っていたんですけれど、そういうふうにはぜんぜん思ってなかったんです。ただ、どのチームでプレーしても、ストライカーという役割が向いているなとは思っていました。

―― 当時からプロになりたかった?

そういうわけでもないんです。夢としては持っていたけれど、あまり現実的に考えられなかったというか。単純に、あまり強く思わなかったというか、遠いというか、実感がわかなくて。だから、中学2年くらいまではただ楽しんでいただけ。でも、2年の後半か3年になるくらいで、一度スタメンを取られてしまったことがあったんですよ。それがマジで悔しくて、そこから一気に、サッカーに対して本気になりました。

―― その時、どうしてスタメンを外されたんですか?

サボったわけではないんですけれど(笑)、シンプルに、自分のやりたいことだけをやってしまっていて。同じポジションのチームメイトにものすごいハードワークをする選手がいて、彼にポジションを奪われてしまいました。でも、そこでちゃんと気づいて、そういう自分を変えられたことは良かったと思います。

―― 当時の自分を振り返って。

もう少しちゃんと勉強しておけばよかったかなあと思ったり、でも僕みたいなタイプはサッカーばかりやっていたからプロになることができたのかなあと思ったり(笑)。中学1、2年生の頃、あまりに勉強ができなかったので、練習に参加させてもらえなかったこともありました。でも僕自身は、それこそ「プロになる」と決めてからは勉強よりもサッカーサッカーサッカーという感じで、なかなか他のことができなかったんです。

―― そのバランスって難しいですよね。人それぞれ違うというか。

そう思います。僕の場合はまだ何が正しかったのかわからないけれど、こうしてプロになれたからこそ、ちゃんと結果を残して行けるところまで行かなくちゃと思っています。

NEXT TALK!! >>

『きっかけは中村敬斗。』

―― 高校1年時からU-18の一員としてプリンスリーグに出場したり、トップチームの練習に参加したりしていました。その頃はもう、かなり強くプロを意識していたのでは?

大きなきっかけになったのは、高校1年の時です。ユナパでやったプリンスリーグ。相手は三菱養和で、中村敬斗選手(シント=トロイデン)がいて注目されていました。その試合に僕自身も初めてスタメンとして出場させてもらって、最初は緊張したけれど、すごく身体がキレていて、その試合がめちゃくちゃ楽しくて。

>> UNITED ONLINEに登録して続きを読む