WEリーグ初年度におけるジェフレディースの得点源だ。
第6節の長野戦で2得点を挙げると、続く浦和戦でもゴールを奪って
勝利に貢献。3連勝を成し遂げたチームを最前線で牽引している。
アカデミーで育った新エースにWEリーグ1年目の覚悟を聞いた。
※取材=2021年10月13日(第5節終了時点/ジェフは4試合消化時点)

インタビュー・文=細江克弥

“答え”さえ見つけられれば

―― チーム全体に、結果が出ていないことに対する焦りはありますか? ちょっとビビってる? それとも開き直っている?

ビビってはいないです。でも、危機感と焦りはあります。きっとみんな同じような感覚だと思うんですけれど。

―― ただ、この4試合はちょっと難しい相手との対戦が続きましたよね。だから「仕方ない」と割り切ることもできると思うんですけれど、優勝候補であるINAC神戸レオネッサや日テレ・東京ヴェルディベレーザと実際に対戦してみて、肌感覚でどう感じました?

ベレーザ戦は相手に合わせ過ぎたところがあって、引いて構えて、ブロックを作ることに気が向き過ぎてしまった気がします。で、構えた自分たちの前にぽっかり空いたスペースを使われてしまって。それを踏まえて、その次のマイナビ仙台レディース戦は前からガツガツ行こうと認識を変えてうまく修正することができたので、試合を重ねながら、そのあたりの調整はできてきているんじゃないかなと思います。

大澤春花

―― あとは、どうやってゴールを奪うかですよね。

はい。チームとしては外からクロスを入れてフィニッシュまで持っていきたいという意図があって、例えば、開幕戦の(岸川)奈津希さんのヘディングでのゴールもそうだったと思うんです。ああいう形をもっと増やしたい。その場合、私はワントップにいるけどヘディングが強い選手ではないので、何度も動き直して左右に揺さぶるきっかけを作ったり、クロスに対して相手の背後から飛び込むような場面を多く作れればいいなと思っていて。

―― 4試合を終えてチームとして2得点。全体として少し悩んでいるところもありますか?

悩んでます。特に前の3人です。たくさん話して「とにかく点を取りたい」と言い合っているんですけれど、なかなかそういうシーンを作れなくて。もう少しマイボールの時間を増やして攻撃できれば、もう少しチャンスを作れるかなと思っているんですけど。

―― 個人的には、“答え”さえ見つけることができれば、WEリーグの中では優勝候補と言われている日テレ・読売ベレーザや三菱重工浦和レッズレディース、INAC神戸レオネッサとも互角の勝負ができる気がします。

私もそう思います。個人を比べたら差はあるけれど、やっぱりサッカーはチームスポーツだから、組織としての一体感さえあれば絶対に戦えるなって。昨シーズンもそういう試合ができたからこそ、今シーズンもそういう形を作りたいなと思います。