WEリーグ初年度におけるジェフレディースの得点源だ。
第6節の長野戦で2得点を挙げると、続く浦和戦でもゴールを奪って
勝利に貢献。3連勝を成し遂げたチームを最前線で牽引している。
アカデミーで育った新エースにWEリーグ1年目の覚悟を聞いた。
※取材=2021年10月13日(第5節終了時点/ジェフは4試合消化時点)

インタビュー・文=細江克弥

ずっとプロになりたかった

大澤春花

―― WEリーグ全体についてはどんなことを感じていますか?

さっきもお話したとおり、やっぱり開幕戦の印象が強くて。ものすごく緊張したからこそ「これがプロの世界なのか!」と思いました。

―― 周りの人にもたくさん声をかけてもらえたのでは?

いや……特には……。

―― 家族も?

あ、でも両親はフクアリに観に来てくれました。

―― 何も言われなかった? 「おめでとう」とか。

いや、特に何も(笑)。

―― それはそれで、むしろいい家族かも(笑)。友人は?

やっぱりフクアリに観に来てくれた友だちがいて、「感動した!」と言ってくれました。小学校の時に一緒にサッカーをやっていた子なんですけれど、その子はまだ大学でサッカーをやっていて、観に来てくれて。直接は会えなかったのに、試合後に長文のLINEが届いたんですよ。それは嬉しかったです。

―― そういう出来事からも、プロになったことを感じますね。

私は先のことは本当に何も考えていなくて、ただ「プロになりたい」という思いはずっと持っていました。サッカーをしてお金を頂けるって、本当にすごいことだと思うし、小さな頃からずっとやってきたからこそ私にとっては“夢のまた夢”みたいな世界で。そうなることに強く憬れていたので、プロになれたことはやっぱり嬉しいです。

―― 日常も少し変化したのでは?

楽しいです。練習以外のところでも、サッカーについて、もっと言えば自分についてすっごく考えるようになりました。どうしたらコンディションを維持できるんだろうとか、レベルアップできるんだろうとか。少しずつ自分なりのチャレンジができているので、そういう環境でサッカーをやれていることが本当に幸せだなって思います。

―― 何試合か観た感想でしかないけれど、大澤さん、めちゃくちゃ頑張れば日本代表になれるだけのすごい才能を秘めている気がしました。

ホントですか?(笑)

―― だから謙虚になり過ぎずに頑張ってほしいなと思っていて。

いつかなでしこジャパンに選ばれたいという思いはあります。ピッチに入ったら「自分が一番うまい」と自分に言い聞かせてプレーしているので、そういう意味では強気なほうでもあるのかなって。