WEリーグ初年度におけるジェフレディースの得点源だ。
第6節の長野戦で2得点を挙げると、続く浦和戦でもゴールを奪って
勝利に貢献。3連勝を成し遂げたチームを最前線で牽引している。
アカデミーで育った新エースにWEリーグ1年目の覚悟を聞いた。
※取材=2021年10月13日(第5節終了時点/ジェフは4試合消化時点)

インタビュー・文=細江克弥

お母さんがマネージャーで……

―― “サッカー以外”の大澤さんはどんな人ですか?

人見知りです。でも、仲良くなるとうるさいタイプです。

―― 去年、ジェフレディースが自分たちで作った動画を見ると、大澤さんはかなり変わったキャラクターの人だなと思いました。

ああいう“ネタ”みたいなことはできるタイプです。自分で考えることがちょっと苦手なんですけれど、「やって」と言われればやるほうというか。ネタを渡されれば「はい!」という感じで。ジェフレディース内ではだいたい(鴨川)実歩さんが考えてくれるので、それを私が演じています(笑)。

―― そもそもどうしてサッカーを始めたんでしたっけ?

えっと……。お母さんが勤めていた会社にサッカー部があって、そこでお母さんがマネージャーをやっていたんです。だからそのサッカー部の練習に連れてってもらうことが多くて、遊んでもらっているうちに興味を持って、ちゃんと始めることになりました。

―― お母さんが会社のサッカー部のマネージャー?

はい。

―― ということは、普通のおじさんたちがプレーしているサッカー部みたいな?

そうです。

―― 今までたくさんの人に「始めたきっかけ」を聞いてきたけれど、そんな特殊なエピソード初めてです(笑)。

ですよね(笑)。女子選手なら、普通は「お兄ちゃんがやっていて」というのが定番だと思うので。

―― ということは、お母さんはそもそもサッカーが好き?

そうでもないです。お母さんも、私がサッカーを始めるまでは、サッカーのことをぜんぜん知らないまま会社のサッカー部のマネージャーをやっていたという感じみたいで。

大澤春花

―― 面白い(笑)。

私自身が本格的に始めたのは小学生からで、普通に10点くらい取られて負けちゃう弱小チームのエースでした。で、中学生に上がる時にどこでサッカーを続ければいいのかなと考えていたんですけれど、その時に両親が調べてくれてジェフのセレクションを受けたんです。だから、自分がサッカーを続けられたのはジェフのおかげというところがあって。

―― でも、努力したからこそでは?

どうなんだろう……。小学生の頃は本当に毎日リフティングしていましたし、中学と高校では朝30分、毎日必ず走るということを続けました。自分がそれによってうまくなれたかはわからないけれど、積み重ねることで自信になることはあるなって思います。

ジェフに入ってからは人間性の部分も育ててもらって、すごく成長させてもらいました。だからめっちゃ感謝しています。恩返ししたいです。自分がレギュラーとしてちゃんとして定着して、ちゃんと結果を出したい。試合を観てくださった人に「大澤がいないとダメだ」と言ってもらえるような選手になりたいし、ならないといけないなと思います。

―― 話していても思うんですけれど、大澤さんには独特のスター性が……(笑)。とにかく頑張ってください。期待しています。

はい(笑)。頑張ります!