父・浩平はアカデミー出身。次男・遙馬もアカデミー(U-13)に在籍。
ジェフにとって史上初となる“アカデミー出身親子”の誕生は、
創設30年の歴史を象徴する出来事の1つと言えるかもしれない。
2人にとっての「次の10年」は、ジェフにとっての「次の10年」でもある。

インタビュー・文=細江克弥

ああいう時は早く立てよ

工藤親子

―― クラブ30周年企画ということで、ついに実現しました。ともにアカデミー出身、工藤浩平・遙馬(とおま/U-13所属)の親子対談!

浩平ありがとうございます。なんかすみません(笑)

―― 2人は普段から仲がいい?

浩平そうですね……だよね?

遙馬うーん……なんか、ちょっと面倒くさいです。

浩平面倒くさい?

遙馬めっちゃちょっかいかけてきて……ちょっと面倒くさい。

浩平可愛いからちょっかい出してるんですけど……まあ、そう言いながらぜんぜん嫌がってないですね。ね?

遙馬ふふ(笑)

―― ちなみに兄弟は?

浩平長男が15歳。今、中1ですね。

遙馬高1だよ。

浩平高1か(笑)。で、次男の遙馬が中1で、長女が小5。遙馬が生まれたのは2008年なので、2歳くらいまで僕がジェフにいたんですよね。もちろんスタジアムに来たことはあるけど、記憶にはないかな。僕が京都サンガF.C.に移籍した時は一緒に引っ越して、ジェフに戻ってくる時にまた一緒に千葉に来ました。

遙馬小4の時に京都から千葉に来ました。それからセレクションを受けてジェフに入れてもらいました。

―― 昔から一緒にボールを蹴っていた?

浩平蹴っていました。長男もサッカーをやっているので3人で一緒に。サッカーをやらせたいと思っていたわけではなく、本人も野球をやろうとしたりしていましたね。

遙馬サッカーしながら野球やろうと思っていたんですけど、なんか、その、野球の練習が雨で中止になったことがあって、その時に「もういいや」と思ったんです。

―― (笑)。遙馬くんは2020年の全日本少年サッカー大会で大活躍をして、ジェフU-12の全国準優勝に大きく貢献しました。どうでした?お父さんとしては。

浩平チームのみんながすごく頑張っていたので「頑張れ!」と思いながら見ていました。遙馬は決勝戦で負けて悔し泣きしていたので、「泣くな!」という選手としての気持ちと「よく頑張った」と思う親心が入り混じった複雑な感情でしたね。

でもまあ、やっぱり感慨深いところはありました。僕自身も小学生からジェフのエンブレムが入ったユニフォームを着ていて、当時は何も考えてなかったけれど今になって振り返れば、子どもの頃はずっとジェフのユニフォームを着ていたんだよなって。だから、自分の子どもが同じように小学生からジェフのユニフォームを着てサッカーをやっていることは、やっぱりすごく嬉しいです。

―― しかも、かつて一緒にプレーした斎藤大輔さん(アカデミーマネージャー)の息子さんである敬太くんがいることも、ジェフのオールドファンにとってはものすごく“胸アツ”で。

浩平ああやって一緒にプレーしている姿をちゃんと見ると「こんなことってあるんだなあ」と思いますよね。改めて感動しました。ダイさんと一緒に子どもたちの試合を観ることもあって、お互いに「やっぱり似てるね」って話をするんですよ。「今の敬太のプレー、ダイさんそのままっすね」とか。ダイさんには「遙馬は痛がって早く立たないところが浩平みたいだ」と言われちゃいました。

工藤親子

―― 面白い。

浩平その日、家に帰ってから遙馬に「ああいう時は早く立てよ」と言ったんですけどね(笑)

―― 遙馬くんは「お父さんがジェフだったから自分もジェフで」と思っていたの?

遙馬いや、そんなことは別に。

浩平思わないのかよ。

遙馬周りからいろいろ言われることはありました。嬉しいことを言われることもあるんだけど、「お父さんがいるからジェフに入れたんでしょ?」と言われたこともたくさんあって、それはちょっとイヤだなって。

―― それはつらい。でも、プレースタイルは似ていると感じるでしょ?

遙馬いや……あんまりないです。プレースタイルはそんなに似てないかなって思ってて。僕はドリブルする選手が好きだから自分でもやるけど、お父さんはパスはうまいけど、あまりドリブルしないから。

あ、でも、お父さんが松本山雅FCにいて京都サンガF.C.と試合をした時に、オーバーヘッドみたいな感じでパスをして前田大然選手が決めたシーン(2018年第18節)はすごく覚えてます。京都に住んでいた時だったので友達とスタジアムで観ていたんですけど、なんかめっちゃうまくて。

浩平嬉しいです(笑)

工藤親子