NEWS

2022.06.17 社会連携活動

富里市とのパートナーシップ協定締結 及び 富里すいかの贈呈について

ジェフユナイテッド市原・千葉では、令和4年4月に市制20周年を迎えた富里市と、当クラブのロゴ等の無償使用を目的とした「富里市市制20周年記念事業パートナーシップ協定」を締結いたしました。
併せて、五十嵐博文富里市長、根本実富里市農業協同組合組合長が来社され、富里市の特産品である「富里すいか」と「キャロットジュース」の贈呈を受けました。
なお、6月18日(土)に開催する2022明治安田生命J2リーグ第22節ジェフユナイテッド市原・千葉vs大宮アルディージャ戦会場におきまして、富里市の物産展、富里すいかの試食会が行われる予定です。

 

協定締結式および富里すいか贈呈式

 

日時

2022年6月14日
 

場所

ユナイテッドパーク
 

出席者

ジェフユナイテッド株式会社 代表取締役社長 森本 航
富里市 五十嵐 博文 市長
富里市農業協同組合代表理事組合 根本 実 組合長
 

協定書内容

富里市市政20周年記念事業において作製される富里市のグッズにおけるジェフのロゴ・エンブレムの無償使用協力。

五十嵐市長
「コロナにより各自治体が非常に厳しい状況に置かれている中、市政20周年を迎え、新たな富里市として進もうとしています。このような時にジェフユナイテッド市原・千葉のロゴを無償で使用できることは、私たちにとって大きな後押しです。今年こそぜひJ1に昇格してください。今年昇格するとJ1リーグ13年ぶりとのこと。富里は13(10と、3み)なので、富里市にとっては非常に縁のある数字です。」

根本組合長
「今年は寒暖差が大きくてすいかの管理が大変でしたが、熟したものをお持ちすることができました。どうぞみなさんで召し上がってください。」

森本社長
「毎年すいかを贈呈いただき、またホームゲーム開催時にもたくさんのすいかをご提供いただきありがとうございます。富里市と連携して、サッカーファンに楽しい体験を提供できること、感謝します。私たちは、競技だけでなく、地域の方々との関係強化にも力を入れています。このような機会をお互いの発展につなげていきましょう。」

 


森本社長と五十嵐富里市長による協定書締結式

 


根本組合長(左)から富里すいかとキャロットジュースを贈呈いただきました

 


五十嵐市長、根本組合長と森本社長。「すいか」談議に花が咲きました。

 


いただいたすいかはカットして昼食時に出しました。

 


「甘くておいしいですね(鈴木大輔選手)。」

 


「すいか好きなので嬉しいです(福満隆貴選手)。」

 


「昨年もいただきました。今年もいただけるのですか?ありがとうございます(新井章太選手)。」

この記事が気に入ったらシェアしよう!