LADIES TEAM選手・試合情報

2021 SEASON MATCHES試合日程・結果

PREMATCH
試合前コメント
猿澤 真治監督

MANAGER猿澤 真治監督

ホーム開幕戦を目前に控えた心境や選手の雰囲気について。

猿澤 真治監督

プロ元年の開幕戦というところで色々な方やスポンサーからの期待、そして応援をされていて、とても楽しみな部分と身の引き締まる思いが正直なところです。

ここまで攻守両面で、どんなことを積み上げてきたのか?

猿澤 真治監督

プレシーズンはたくさんの選手を試したく選手全員を起用し、色々なポジションを経験させることを含めて試合に臨みました。シーズンに向けては戦術の確認を取りながら、誰が先発で出場するのかなどの競争、また、いちからやり直した形で、ここまで来ています。新たな怪我人も出ていませんし、気持ちも乗っていると思っています。

EL埼玉の印象は。

猿澤 真治監督

有利な点としては、ジェフ千葉レディースは開幕戦がなく第2節からのスタートとなります。サンフレッチェとのゲームは見させていただきました。その中で、思うようにいかない部分があり、敗戦したと思いますが、ボールを握って動かす力のあるチームなので、そこを頭に入れて、アグレッシブに戦うところを出しながら自分たちのペースで試合を進めたいと考えています。

試合への意気込み。

猿澤 真治監督

ホーム開幕戦でたくさんの方が見に来られると聞いています。スポンサー、サポーターの方々が、非常に大きな期待を抱いて試合を見に来られると思うので、それにしっかりと答えられるように「自分たちらしいサッカー」をして勝利を掴み取りたいと思っています。特別なことができる訳ではありませんが、自分たちの持っている力を最大限に発揮することで試合に勝てると思いますし、そういう力を持っている選手たちだと思いますので、しっかり準備をして試合に臨みたいと思います。応援よろしくお願いします。

林 香奈絵選手

DF 4林 香奈絵選手

WEリーグがスタートし、チームとして開幕戦を迎えるが、どんなプレーを見せたいと考えているのか?

林 香奈絵選手

シーズンを通せば、どの試合も大事だと思いますが、開幕戦に来場していただける方も多いと思っているので、そこで千葉Lの良さを見せることで、今後も注目していただけると思っています。今まで大事にしてきた「走る・闘う」は徹底的に表現しようと思っています。その中で、プレーのクオリティーについては準備期間を通し、それぞれが意識をして取り組んできました。「走る・闘う」をベースにゴールに向かう迫力や組み立て、もちろん守備面でもレベルを上げたプレーができると思うので、見ている方々がワクワクする試合を届けたいと思っています。

ここまで守備面では、どういった部分を積み上げてきたのか?

林 香奈絵選手

プレシーズンマッチでは失点をしました。課題が出た半面、東京NB戦で守り切れた守備はチームの良さでもあります。一人ひとりのマッチアップ、1対1では負けないこと、「そこは負けないぞ。勝つぞ!」と声をかけ、球際で負けないように取り組んできました。組織的にレベルが高いチームに対して、11人ですが12人に見えるような組織的な守備を意識し練習をしてきました。守備の迫力も徹底できていると思っています。

EL埼玉の印象は。

林 香奈絵選手

EL埼玉は、ホーム開幕戦で負けてしまいましたが、初戦の難しさが出た試合だと感じました。印象としては攻め急ぐことなく下からビルドアップをするチーム。ディフェンスについては話し合っている部分もあるので、しっかりハメていきたいと思っています。

初戦の難しさについて。

林 香奈絵選手

相手を分析し意識した戦術はありますが、相手に合わせたサッカーをする必要はないと思っています。自分たちに矢印を向けて「自分たちがやるべきサッカー」を、今までやってきたことをピッチの上で表現したいと思っています。そこまで意識せず、自分たちに集中すること、ただ初戦で特別な雰囲気もあると思うので呑まれないように、自分やチームにフォーカスを当て集中していきたいと思っています。

試合への意気込み。

林 香奈絵選手

WEリーグが開幕し特別なシーズンがスタートします。プロサッカーチームになった千葉Lを見ていただきたいですし、ここまでプロ意識を高め準備をしてきたので、それを見せられる試合がやっときます。私たちも楽しみにしていますし、スタジアムに来られる方も楽しみにして欲しいと思っています。その中で私たちがピッチで表現し、感動や元気、楽しさ、ワクワク感を届けたいと思っていますので応援をお願いします。

南野 亜里沙選手

FW 7南野 亜里沙選手

ホーム開幕戦を迎える現在の心境について。

南野 亜里沙選手

WEリーグの開幕は日本女子サッカーにとって大きなことになると思いますし、そこに自分が立てることを嬉しく思っています。今まで関わってくださった方々には感謝の気持ちで一杯です。

ここまでのチームの雰囲気やコンディションは。

南野 亜里沙選手

試合を重ねていき、自分たちで1試合1試合を大切にしていきたいと思っています。

攻撃面ではどんな部分を積み上げてきたのか?

南野 亜里沙選手

サイド攻撃ではクロスの部分、そしてカウンター攻撃を取り組んできたので試合に出したいと思います。それにプラスして臨機応変に攻撃陣が崩すところなど意思統一をし、プレーしたいと思います。

EF埼玉の印象は。

南野 亜里沙選手

後ろからボールを大切にビルドアップするチームで、ゴール前での崩し、あとはベテランの選手が多く、チーム力も備わっていると思います。警戒をしながら自分たちのサッカーをして必ず勝ちたいと思っています。

経験値が高いからこそ、初戦の大切さについてどう感じているのか?

南野 亜里沙選手

ホーム開幕をフクアリで迎えることはチームにとって大きなことです。そこで勝てるのか、勝てないのか。良い試合ができるのか、できないのか。今後に大きく関わってくる試合だと思います。“緊張するな”というのは難しい部分もありますが、良い緊張感を持ちながらサッカーを楽しみたい。サッカーを楽しむことを忘れずにプレーしたいと思います。

試合への意気込み。

南野 亜里沙選手

今年、移籍をしてきて初めての千葉Lでの開幕戦となります。サポーターの皆さんに認めてもらえるようなプレーをしなければいけませんし、チームとして結果を出して、またフクアリに足を運んでもらえるようなチームにしていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

TICKET INFOこの試合のチケット情報

9.20 (月) 15:00 KICKOFF 2021-22 Yogibo WEリーグ 第2節

試合会場フクダ電子アリーナ

チケット購入はこちら