LADIES TEAM選手・試合情報

試合日程・結果

2015 SEASON MATCHES試合日程・結果

HEAD COACH

三上 尚子監 督

ゲームの流れは悪くなかった中で、先制点が大きな意味を持つと思っていたところ、なかなか(先制点が)取り切れず、警戒していたセットプレーで(相手に)先制を許してしまったことが残念です。
相手のプレッシャーが速くてなかなかボールを動かせず、前でボールが収まらなかったところがありました。

今シーズンを振り返ると、なかなか勝ち切れない試合がリーグ戦でも多くて、その中でも粘り強く守備をするという部分で一定の成果が見えたのは良かったと思います。決定力であるとかフィニッシュの精度についてはまだまだ改善しなければいけないとは思いますが、シーズンを通して選手がジェフレディースらしい「走る・戦う」というところを表現してくれたのは良かったと思います。

(皇后杯では)決勝まで行くつもりでやっていたので、(まだ敗戦直後で)来シーズンのことは考えられないですが、たくさんの方に応援してもらって後押ししてもらっているにもかかわらず、今年結果が出せなかったので、来年はしっかり結果を残したいと思います。

(サポーターの皆さんに向けて)
いつも選手・スタッフを後押ししていただきありがとうございます。
今日も苦しい試合でしたが、最後まで応援していただいたことが、選手が最後まで走るという諦めない姿勢を見せることにつながったと思うので、これからもより一層応援していただけると嬉しいです。





INTERVIEW MOVIE

山根 恵里奈GK 17

今日の試合は、今季の戦いでの悪い部分が出てしまった試合だったと思います。
具体的には、前半はしっかり5分5分の試合をして、後半はスタートから勢いを持って攻め続けている時間になかなかて点が取れず、フリーキックやコーナーキックで一瞬のスキを突かれて失点をしてしまい、そこから自分たちでバタバタしてしまって盛り返せないという試合が、今年は多かったと感じています。その展開どおりに今日の試合はなってしまいました。

今季は勝ち切れない試合が多くて、蓋を開けてみればリーグ最多の引き分け数となって、失点を減らせたという部分では自信を持てた部分もあったんですが、それをチームの結果につなげられなかったというのは反省しなくてはいけないと思います。
チームとしてより上に行くためには何をしなければならないのか、攻撃でも守備でももうちょと追求しなければいけないと思ってます。
ただ、今ジーズンはジェフに来て4年目のシーズンだったんですが、振り返ると一番楽しいシーズンでした。チームメイトもそうですが、スタッフもサポーターの方々も含めて、みんなで同じ方向を向いて戦うことができて、本当に楽しかったなと思います。

自分のプレーについては・・・・・まだまだです。シーズン通して(技術面で)改善してきた部分はあるんですが、「オッケー」と言ってしまうとそれで終わりの気がするので、年間で「失点ゼロ」は無理でも、あと3分の1くらいは減らしたいと思います。
あとはシュートを打たせないという守り方や、攻め続けるというか、耐えるというのが私たちのいい部分ではあるのかも知れないですが、もう少し攻撃にパワーをかけられる戦い方を追求できたらなと思っています。

今日の試合が終わって泣いてる選手もいたんですが、自分も何かに当たりたいくらいの悔しさはありましたが、泣いたら終わりだなと思って、涙も出ずどこか冷静な自分もいました。そういう意味では精神的な部分で前に進めている部分もあるのかなと感じています。そういう自分自身の軸をもっと成長させて、国内での戦いと世界での戦いに挑み続けていくというのが来年の目標です。

(サポーターに向けて)
今シーズン一年間、いつもどんなときも温かいサポートをありがとうございました。
皆さんのおかげで、毎日楽しく笑ってサッカーが出来ました。本当に感謝しています。
結果はリーグ戦で5位、皇后杯もベスト8止まりと、皆さんのご期待にお応えできませんでしたが、私たちは次に進むしかないので、皆さんと一緒により上を目指して新たな一歩を踏み出せたらなと思っています。個人的にも来年また大きな一歩を踏み出したいと思っているので、また温かいサポートをよろしくお願いします。
一年間、ありがとうございました。

櫻本 尚子DF 3

前半はちょっとバタついてしまったことで、ジェフレディースらしさを出すという部分で納得の行くような入りではなかったですが、その中で(前半は失点を)ゼロに抑えることができました。
ハーフタイムにみんなで気持ちを入れて「勝とう」という雰囲気で後半を迎えることができたので、後半の立ち上がりはすごく良くなって、点を取れそうなシーンもあったんですが、なかなかチャンスをモノに出来ない中でセットプレーから失点してしまいました。リーグ戦での悪い部分が今日の試合でも出てしまい、とても悔しいです。

今シーズンについては、三上監督が就任して2年目ということで、シーズンの初めから自分たちがやるべきことが見えていた中で、すごくいい入り方が出来たと思います。
選手一人一人がチームのために献身的にプレーしていて、「本当にいいチームだな」と思える瞬間がすごく多かったです。厳しいことを言えば、甘いところもあったし、優勝を目指すと言っているチームなのになかなか結果が出なかったりということはありました。 ただ、なでしこジャパンに選ばれる選手が出て、他の選手も「上を目指すんだ」という部分は要所要所で見せられたのではないかと思っています。まだまだ伸びしろのあるチームだと思います。

今は来シーズンのことを考えるのは難しいです。今シーズンはたくさんのサポーターの皆さんの応援と、スポンサーや地域の方々のサポートを強く感じることができる1年でした。なかなか感謝を伝えることができる場がなかったんですが、やっぱり自分たちは結果を出すしかないと思うので、しっかりと今シーズン(の結果)を受け止めて、来シーズンはしっかり厳しく立て直すことで、優勝を目指したいと思います。

川村 真理MF 14

今シーズンが終わったなという感じです。
前半が始まってすぐにシュートチャンスがあって、やっぱりああいう一本一本が決まるかどうかで試合の流れが変わるので、それをジェフは決められなくて、アルビレックス(新潟)はそこを突いてきたという部分が勝敗の分かれ目になったと思います。

(今シーズンは)リーグ戦にしても皇后杯にしても、このチームでタイトルを獲るという目標を掲げてやってきた1年で、どちらもタイトルを獲ることができなくて悔しい気持ちでいっぱいです。

個人的には、もちろん今日が誕生日ということもあったんですが、前の試合まで3試合連続でゴールを決めていたので、自分としては初めての「4試合連続ゴール」にこだわっていた部分があったので、結果が出せなかったことはすごく残念です。

今シーズンは勝てた試合を勝ち切れなかったことが多かったので、その部分を来年こそは(そういう試合で)勝てるチームにしたいと思います。

(サポーターに向けて)
勝った試合は一緒に喜び合えて良かったですし、負けた試合でも(サポーターから)力をもらうことができました。結果にはつながりませんでしたが、サポーターの皆さんのおかげで選手は最後まで戦うことができました。
これからもよろしくお願いします。

菅澤 優衣香FW 9

シュートチャンスがまったくなかった訳ではないですが、攻撃のリズムが作れなかったということと、あとはディフェンスでなかなか(相手を)嵌めきれなかったという部分があったので、それが0-2という結果になったのかなと思います。

(シュートがゼロでしたが)チャンスがあったのに相手のディフェンダーに後ろから奪われるとか、クロスボールにタイミングを合わせられなかったところがありました。相手のディフェンスもだいぶ自分を警戒していたこともあって、なかなかゴールに向かうことが出来ませんでした。
そういう中でもフォワードとしてしっかりシュートを打ったりだとか、点を取ることが大事だなと今日の試合を振り返って思ったので、それは今後改善していきたいと思います。

今季は、リーグ戦でも皇后杯でも、シュートチャンスで決めきれなかったということが今の自分の課題なので、それを来季が始まるまでに改善できればいいなと思います。それ以外にも自分に足りないものはまだまだあると思うので、そういう部分を高めていきたいと思っています。

来年はオリンピック予選があるので、まずはそれに出場することもそうですし、選ばれたときには(オリンピックの)出場権獲得のためにチームの勝利に貢献できればいいなと思っています。
個人的には、「3年連続得点女王」というのは自分にしかチャンスがないことなので、そこも見据えてしっかりやっていきたいと思います。

(サポーターに向けて)
2015シーズン、一年間を通じてジェフレディースを応援していただき本当にありがとうございました。来季もジェフレディースの応援をよろしくお願いします。

MIXZONE MOVIE

INDEX