LADIES TEAM選手・試合情報

試合日程・結果

2015 SEASON MATCHES試合日程・結果

HEAD COACH

三上 尚子監 督

── 試合を振り返っていただけますか?

前後半含めて、かなりボールを持たれること、走らされることは分かっていた中で、上手く一歩を寄せることが出来ませんでした。警戒していたセットプレーの場面では山根(恵里奈)が出られていましたが、それでも後半やられてしまいました。お互いに中盤にはゲームの流れを読める選手がいる中でボールの奪い合いになりました。ハーフタイムには、“ボールを取った後の動かし方、判断を早くしよう!”と選手には声をかけました。ただ試合を通して見れば粘り強くできたと思います。ただ苦しい中でも勝点3が拾えればうれしいのですが……。勝利するプレーができることを見せた場面もあったので、もう少し自分たちから仕掛けて積極的にやれれば良かったと思います。

── 得点の場面はあきらめない姿勢が出ていました。

1点負けていて、失点前から“積極的に仕掛けよう”という姿勢が出ていたと思います。

── 日テレ・ベレーザから今シーズン初めて得点を奪ったチームとなりました。

そこはうれしいですね。

── その中でも最少失点で乗り切っていることはチームが成長しているということですね。

粘り強くプレーをすることは、チームで意識していることなので、そこは成長しているかもしれません。

── 前半は相手の9番、11番に押されていました。

そこは後半にかけて抑えることが出来ていました。

山根 恵里奈GK 17

── 試合を振り返っていただけますか?

今日は、飛んでくるボールがスローモーションに見えませんでした(笑)。相手のクロスに対しては、とりあえず自分が触ることで1つ目のプレーでやられることはないと思っていました。相手が日テレ・ベレーザということで、ボールを回されることは試合前から覚悟をしていました。ピッチの状態もあったかもしれませんが、特に前半がピリッとしていませんでした。チームが全体的にスローペースだと感じていて、ボールを持っていても前に行けないことやプレーのスピードがなかなか上がって行きませんでした。失点を先にしてからスイッチが入るのであれば、もっと自分たちから早くスイッチを入れなければいけないと思いますし、私も上手く(リズムを)持っていくことができずにもったいなかったです。前節のプレーが良かっただけにそれは感じます。

── 昨シーズン、日テレ・ベレーザには勝ち越していますが?

苦手意識がなくなってきていると思います。今日は流れの中で失点をしていない分、セットプレーでの失点は大きかったです。悔しいですね。最少失点とはいえ失点は失点なので、この悔しさを次に生かしていきたいです。

菅澤 優衣香FW 9

── 試合を振り返っていただけますか?

先に失点をして負けていたので、引き分けに持ち込めたことは良かったと思います。しかし、シュートチャンスを決め切れないのは自分とチームの課題。次節にはしっかりと改善をしたいですね。(前半は)相手のフォワードの選手に起点を作られてしまいましたが、後半にはその部分を上手く潰せました。自分がファーストディフェンダーとして相手に行けたのは修正が上手くいった部分だと感じます。

── 日テレ・ベレーザ戦に向けて、どんなことを意識しましたか?

前線からの守備を意識してトレーニングをしました。やはり前からの守備でチーム全体にスイッチが入るので、今日もしっかりと守備から入り、その中で得点することができたのはしっかりと守備から行った結果なので良かったと思っています。

── ゴールシーンは、菅澤選手の最後まで諦めない姿勢が得点を呼びました。

相手のバックパスも弱かったですし、あそこで体を張れば、キーパーの体に当たり、何かしら起きると思っていたので実践できたことは良かった部分です。

── これで2得点目ですね。

チャンスがあったので、それを決めていれば得点を稼げたと思います。これから1つ1つのチャンスを決めて行きたいです。しっかりとトレーニングして行きます!

深澤 里沙FW 10

前半は自分たちのペースで試合が運べず、後半は先に失点をしてしまいましたが、そこから前からのプレスだったり、ボールを持つ時間が増えたと思います。自分はサイドをしっかり使うこととゴールに向かうプレーを意識してプレーしました。

── ここまで1勝2分です。手応えはありますか?

まだ負けてはいませんがまだまだです。勝ち切らなければいけない試合もありましたし、1勝しかできていない……。そこは勝ちにこだわりたいと思っています。

── 失点の場面についてはいかがでしょうか?

個人がしっかりとマークに付くこと、そしてチームとして我慢して失点をしないようにプレーをすること、決め切る所で得点を上げることをやっていかなければいけないと感じます。昨シーズンは総失点数が多くて、これを今シーズンいかに修正するかが課題でした。失点をしなければ負けることはありません。まずは“失点を減らすこと”、“得点をすること”は前進している部分だと感じます。

── 次節に向けて

(日テレ・ベレーザには昨シーズン勝ち越し)自信になります。欲を言えば勝ち切りたかったですね。まだ自分自身が得点をしていないので自分も決めたい!勝利にこだわり、次節はしっかりと勝って終わりたいと思います。

INDEX