新着情報2019 NEWS & INFORMATIONトップチームの新着情報

2019.3.19 UPDATE

【3月19日実施】佐藤 勇人キャプテン コメント&質疑応答


―― 監督が代わって、率直に感じた初日のチームの雰囲気や、自身が選手に話したことがあれば教えていただけますか。

オフを挟んで、オフの昨日(18日)の時間で、自分も相当いろいろ考えましたし、各選手もそれぞれいろいろ思うこともあったと思います。その中で今日(19日)ここに集まって、最後監督(エスナイデル前監督)からの話で「クラブの未来の成功を祈っている」と言ってくれましたし、「このクラブはすごく好きだった」ということも言ってくれました。やっぱりサッカーでこういうことは付き物だし、若い選手は多分「あぁ、こういうのがプロなんだ」と感じた部分もあると思います。その中で自分が伝えたいのは、自分もいろいろ考えた中で、やっぱり監督だけの責任じゃないということ。キャプテンを任された以上は自分の責任でもありますし、選手一人ひとりの責任でもあるし、監督をサポートするコーチングスタッフとか、厳しい言い方をしたらクラブの責任でもあると思う。それを、監督が代わったから全部チャラになるわけでもない。本当に3年目を監督に託すとクラブが決断して、それでこのタイミングで代えるということは、大きな問題でもあると思います。そこはクラブとしてもしっかりと、個人としては絶対流しちゃいけない部分だと思うので、しっかりと忘れずに、次の体制で結果を求めていきたいと思います。こういう判断をした以上は結果を出さなくちゃいけないし、そこにこの2年ちょっとで“やれたこと”、“やれなかったこと”を、ここから残りの時間に最大限ぶつけていかなくてはいけないなと思っています。

―― その中でこの4試合、チームとして足りなかったことについて何か感じるところはありますか。

この4試合だけに限らず、昨年やその前のシーズンもそうですけど、やっぱり相手ありきのスポーツなので、もっと細かいディテールの部分を詰める必要があったと思います。そういう部分では、そういう差がもしかしたら勝点を落としているのかもしれない。もちろん、どうしたら勝点が取れていたかという答えについて、結果そういうところは必要だとは自分では思っています。

―― 江尻新監督のもと、キャプテンとしてこう支えていきたいというのはありますか。

自分は2010年に江尻さんが監督だったときに、選手としてプレーをさせてもらいましたけど、そのときにも同じJ1昇格という目標の中で進んで、4位で終えて昇格することができずに江尻さんが契約満了という形になってしまった。今回まずはこのタイミングで(江尻コーチが監督を)引き受けたことは本当にすごいことだと思うし、本当に簡単なことではない。また、このタイミングで監督ができるのは江尻さんしかいなかったと思います。自分は2010年一緒にやったときがあって、今回こそしっかりと江尻監督のもと、まだまだ残り試合はあるので、ここから昇格に向けて、先のことというよりは、まず今は勝点のところも正直ありますので、1試合1試合勝点を積み重ねていく、その作業に取りかかりたいと思います。

―― 始動した火曜日(19日)、勇人選手は(水戸戦後のリカバーのため)一緒にトレーニングはしませんでしたが、見た中でこうなっていきそうだなというのはありますか。

選手は今日(19日)の朝、“監督が代わる”という、そこの状況からピッチに立ちました。自分は中(室内)から見ていましたけど、選手一人ひとりがどんな表情をしているかとか、ピッチの風景とかを見ていました。すごく頭を切り替えて、やらなくてはいけないというのと、一人ひとりが責任を感じた中で、江尻監督のもとポジティブにやれていたんじゃないかなと思いますね。あとトレーニングの質などというのは、あまり長い時間やらずに、短くて強度の高いトレーニングをやっていたと思うので、終わった後の選手の表情を見ている限りは「疲れたけれど楽しかった」のかなと。あとは日本人選手が多いぶん、監督も日本人というところでコミュニケーションが取りやすいですし、そういう意味では、ここから週末に向けて短いですけど、なるべく多くの選手が新監督とコミュニケーションを取って、試合に向けて作り上げていく作業をするしかないと思います。

―― キャプテンとしての役割は多少変わったりしますか?

自分は江尻さんとは付き合い長いですし、その中で生意気かもしれないですけど、江尻さんのいい部分と、ここはもっとこうしたほうがいいんじゃないかという部分も見てきているので、その辺はやっぱり、自分が言えることでもあると思うし、江尻さんもそういうのは言ってほしいという話もしていました。実際、週末の京都戦から始まりますけど、1試合1試合やっていくごとにいろいろな問題が出てくるかもしれないので、そのときにしっかりと話ができるように、(監督との)関係ももちろん、エスナイデル前監督と同じように作っていく。今度は外国籍選手が、直接監督と言葉が通じない部分もあります。(外国籍選手にとって)日本人の監督って初めてだと思うし、外国籍の監督より細かったりするところもあると思うので、そこに変なストレスを抱えずにいろいろ意見をお互い言い合える関係を作っていきたいなと思います。

―― 先ほど「細かいディテールの部分をしっかりやっていかないと」とお話もされていましたが、選手の立場から、特にどんなところを詰めていきたいというのがあればお聞かせください。

そうですね。やはり毎試合毎試合、週末の試合に向けて、相手の特徴(の把握)などというのは必ず必要になってくると思います。ただエスナイデル前監督のときも、情報をあまり日本人選手に入れすぎると、日本人の悪いところでそれしかできなくなってしまったりするので、その辺は江尻さんも考えて、情報を入れる部分と入れないで考えさせる部分はやるとは言っていました。ただそういうトレーニングの細かいところ、もちろんセットプレーもそうですし、「相手がこういう戦い方をしたときには自分たちはこういう戦い方をしよう」とか、そういう臨機応変に戦えるように作っていくべきだと思います。

―― あらためて、エスナイデル前監督への思いを率直にお聞かせください。

結果が出なかったですけど、ただ人間的には本当に情に厚い人というか、誰よりも選手のことを考えていた。最後の挨拶でも「選手のためにクラブはあるべきだ」ということを散々言っていて、選手のためにいろいろなことを準備してくれました。環境面もそうですし、監督がやった食事面もそうですし、トレーニングのところもそうですし、いろいろなところで“選手ファースト”。それを監督は常に言っていたし、最後も言っていました。自分含めて何人かの選手は、2年ちょっと一緒にやってそれをすごく感じる部分が多くて、寂しい思いも正直あります。あの船山なんかも、「お前、そんな風になるんだ」っていうぐらい寂しい顔をしていたので。それくらい監督が残したもの、エスナイデルさんが残したものはこのクラブにとっては大きなものだと思いますし、それは絶対に忘れるべきではないと思います。そういういいところは継続して、さっきも言いましたが日本人にはもっと細かいところも必要になってくると思うので、その足りなかったところはこれから先、江尻さんと共に作り上げていく。そしてしっかりとエスナイデルさんと江尻さんとお互いの良い部分を二つ合わせてチームを作り上げていく。結果を出して、最終的には良い報告をエスナイデルさんにしたいと思います。「決してエスナイデルさんのやってきたことはゼロじゃなかったんだ」ということを言いたいですね。

―― これから続くサッカー人生において、いちサッカー選手として、エスナイデル前監督から学んだことというのはどういうことでしょう。

さっきも話したとおり、“プレーヤーズファースト”。これは自分個人にとっては、今後プレーヤーを引退して、クラブに仕事で残ったときに必ず役立つことで、そこを考えることが多分多くなると思います。もしかしたらこのクラブというのは、プレーヤーズファーストになり切れていなかった部分があったのかもしれないので、そういう部分は学ばせてもらいました。自分が将来どういう仕事になるか分からないですけど、いろいろなことを学んだので、今後に生かしていきたいと思います。



江尻篤彦新監督のコメント&質疑応答はこちら

高橋悠太GMのコメント&質疑応答はこちら